終電上がりOKのお店を見つけよう

キャバクラで働きたいけど、家が厳しいから終電で帰りたい。
こんな声は意外と少なくありません。
基本的に12時で営業を終えるクラブと違い、キャバクラは深夜まで営業しているため、ラストまで出勤すると終電で帰ることはできません。

ですが今は終電上がりOKというお店もとても多いので、どうしても終電で帰りたい!という貴女は求人サイトでこの条件のお店を探してみることをオススメします。
ナイトワーク専門の求人サイト「体入ドットコム」ではメリットからお店を検索できるので、とても便利です。

メリットからお店を検索するを選択し、終電上がりOKの項目を設定し、働きたいエリアなどを入力すればすぐに条件にあったお店を見つけることができます。


▽体入ドットコム https://www.tainew.com/

終電がなくなったら送り専門のドライバーに家まで送ってもらおう

また、終電は気にせずガッツリ働きたい!という貴女は送りありの条件から探してみることをオススメします。
送りも無料のお店と送り代がかかるお店がありますので、慎重にチェックすることが重要です。

1,000円の送り代も、20日出勤で20,000円ですからね。。。
そこに所得税やヘアメイク代なども引かれますので、最初に引かれるお金を漠然とでも知っておいた方がいいかと思います。

送りのシステムですが、営業終了後、店が契約している送り業専門のドライバーさんの車に何人かで乗合することになります。
当然店に近い子の家から送っていくので、遠くに住んでいる子は帰宅するまでに1時間以上車に乗っていることになります。

わたしは店から車で20分程のところに住んでいたのですが、それでもたまに店の事情で自分の家から遠い子と帰らされ、1時間くらいかかったこともありました。
送りの車自体も営業後にすぐに来ないこともありましたし、送りのストレスがひどくて、わたしは途中からタクシーで帰っていました(もちろん自腹です)。

わたしは一刻も早く家に帰りたい派だったのでこれは極端な話ですが、送りの車でお店の女の子と仲良くなったりもしますし、DVDを流してくれるドライバーさんもいたりしたので、嫌なことばかりではないので安心してくださいね。

 体入ドットコムのおすすめポイント②

・終電で帰りたい場合は『終電上がり』の条件で検索できる
・終電後もガッツリ働きたい場合は『送りあり』の条件で検索できる
・『メリットからお店を検索』がとっても便利

【おすすめポイント③はこちらの記事を参照】

  • 1