キャバクラの仕事で稼ぎたいなら、同伴出勤が不可欠です。
同伴出勤とは、その名の通りお客様を同伴して出勤することを言います。
お店によって多少違いはありますが、20時出勤の場合は20時半、21時出勤の場合は21時半、と通常の出勤時間より30分遅い出勤ができる上、もらえる時給は通常の出勤時間から計算されます。

さらに本指名料、同伴料のインセンティブ(バックとも言います)がもらえるので、これを利用しない手はありません。

稼げる「同伴出勤」のコツ

とても良いように聞こえる同伴出勤ですが、お客様は同伴時に行くお食事代、そして同伴料もかかるため、最近はお給料もなかなか上がりにくくお財布が開かないような今日では、同伴をするお約束をするのが難しいのも現状です。
ではどのようにしたら同伴出勤をしていただけるようになるのでしょうか?
ここでは同伴出勤をしていただきやすくする、ちょっとしたコツをご紹介いたします。

  相手に特別感を与える

フリーでついて連絡先を交換したばかりのお客様に「同伴して」とお願いする女の子も少なくはないですが、これは中々同伴につなげられないパターンです。
信頼関係ができていない相手にお願いごとをしてもまず聞いてもらえません。
まずは同伴のお願いよりも「この子はいい子だな」とお客様に思っていただける連絡をします。

お店に来てもらいたいような話題を出さずに、お客様の身体の気遣い、そしてたまに自分は忙しいという近況報告のみをひたすら連絡します。
キャバクラ嬢はお客様をお店に来店させようと誘うことが多く、お客様からしたら「自分を売り上げの為として考えているのではなく、男として考えてくれているのかな」と思うようになります。

そこで「最近忙しくて病んできたから、○○さんとご飯に行きたい」というと意外とすんなり「しょうがないな」とOKをいただけたりします。
「休みの日にでも行こう」と優しく考えくれるお客様もいますが、時間がなかなか作れないこと(ほかにも仕事をしている設定にしてみる)、なかなか時間が割けないけれどもあなたに癒してもらいたい、的な感じに持っていき、それでも休みの日にこだわられたらそのお客様は見限ってもいいかと思います。

  素直にお願いする

指名で何度かご来店いただき、ある程度信頼関係が出来上がったお客様には「今月あと○○回同伴しなければいけないの。。。お願い、助けて(泣)」と正直に甘えてもいいでしょう。

  「エレベーター同伴」をしてもらう

仕事が忙しかったり、お店前の飲食代を節約したいお客様には「エレベーター同伴(店前同伴とも言います)」をお願いしてみるのもいいかもしれません。
これは同伴出勤の時間にお店の前でお客様と待ち合わせて、そのまま同伴出勤として出勤するという方法です。

ただし、同伴料はかかりますし、お店によってはこの行為を禁止しているお店もあるので注意が必要です。

同伴のテクニックを駆使することも大切ですが、何より日々の連絡でお客様との信頼関係を作っておくことを忘れないようにしてくださいね。

  • 1