お酒が飲めなくてもキャバクラで働ける

キャバクラで働く条件として重要と思われる「お酒が飲めること」。
とても気になることです。
本当のところ、この条件は意外とそうでもありません。
わたしの従姉妹のやり手キャバ嬢は、毎日一滴もお酒を飲まず、車通勤していました(笑)

もちろんお酒が飲めるに越したことはないのですが、キャバクラではお酒が飲めない人でも一滴も飲まずに働ける魔法のシステムがあるのです。

こっそりソフトドリンクに変更してもらう

キャバクラでは、お客様がオーダーするドリンクとしてハウスボトルと呼ばれる飲み放題のボトルでお酒を飲みます。
当然女の子はそのボトルを飲んではいけないので、お客様におねだりして別料金のドリンクをいただくのですが、その際、アルコールを頼んだフリをしてこっそりソフトドリンクにしてもらうことができるのです。

そのサインはお店によって異なるのですが、「ウーロン割」と頼めばアルコール入りで、「ウーロンハイ」といえばノンアルコールだったり、濃い目で、とお願いすると逆にノンアルコールで、という意味だったり、オーダー用紙に記入するお店の場合はドリンク名の最後に?マークをつけるとノンアルコールだったり。。。
中々暗号めいていて楽しかったことを思い出します。

アルコールを入れないですみますし、その分たくさん飲んでもらえるのでお店的にもノンアルコールをオーダーした方がよかったのでしょうが、お酒を飲まないと緊張してしまい、お客様と同じようなテンションになれなかったわたしはノンアルコールにしたことはありませんでした(笑)

酔ったフリでお客様をしらけさせない気遣い

もちろんお酒を飲んでいるという設定ですので、酔ったフリをしなければいけません。
先述の従姉妹は、最高1日に20杯飲み、歩けないくらいベロベロになったフリをしたと言っていました。

中には『お酒が飲めない』というキャラを売りにしたキャバ嬢もいますが、これは一つ間違うとお客様をしらけさせてしまいますし、中々の上級者テクニックが必要なので、キャバクラデビューしたばかりの時は素直に暗号で飲んだふりをした方が無難でしょう。

と、いうわけでお酒が飲めなくてもキャバクラでは働けます。
お酒が飲めなくてキャバクラで働くことをあきらめようとしていたアナタ、安心して面接に行かれてみてください。

お酒が飲めなくても人気キャバ嬢にランクイン入りしている子はたくさんいますよ~!!

  • 1